ギシギシと音がする防犯砂利を敷いておくメリット

女の人

石から始めるセキュリティ

鍵と家

身近で手頃な防犯対策

自宅に潜む恐怖として、まず挙げられるのは空き巣や泥棒ではないだろうか。敷地内はおろか自宅に侵入される恐怖は計り知れない。自宅を守るためにホームセキュリティに加入する人も多くなっている中、身近で手頃にできる防犯対策としては「防犯砂利」が挙げられる。防犯砂利は一般的な砂利よりも大きな石の粒で構成されており、石と石がぶつかる音が大きくなるように作られたものである。自宅に侵入する犯人は、大きな音を嫌う。防犯砂利が見えるだけで犯人は侵入するのをためらい、仮に侵入したとしても音を聞けば一目散に逃走するという効果が期待できる。近年、防犯意識が各家庭にまで浸透してきた。この防犯砂利も美観にも一役買うようなデザインのものも販売されるようになり、さらに人気が出てくるようになってきている。

効果を最大限にすること

防犯砂利は「大きな音を出して犯人を撃退する」ということが課せられた使命である。そのため防犯砂利を敷くにあたっては、大きな音がしっかりと出るようにしなければならない。最も気を付けなければならないことは「除草をしっかりとすること」である。雑草がある上に防犯砂利を敷き詰めると、雑草が邪魔をして本来は大きな音が出るはずが小さくなってしまうのだ。また前述のとおり、目に入るだけで犯人が逃げるという効果もあるはずが、雑草に覆い隠されてしまい気づかれないというリスクを背負うことになってしまう。視界に入らず、音もならないということは防犯砂利の役割を全く果たしていないことになる。そのようなことがないように、設置する場所には特に気を付ける必要がある。また、設置後もメンテナンスを怠らず効果的に使用することが重要なのである。