ギシギシと音がする防犯砂利を敷いておくメリット

ガードマン
砂利

防犯のための石

庭の景観を壊さない防犯グッズとして、踏んだ時の音で侵入者を察知できる砂利があります。自分で施工する際には、敷地面積を正確に計測した上で丁度良い深さになるように砂利の量を調整します。また、防草シートの準備も大事です。業者に依頼する場合には、見積もりなど事前の打ち合わせを行う必要があります。

音で家の防犯ができる

砂利

防犯グッズの知識を持とう

お金があってもなくても、家には不審者や強盗が入ってきてほしくないというのは、誰しもが考えることです。できる限り、ドアや窓に鍵をかけたり、番犬を飼ったりとさまざまな方法で家を守ることとなるわけですが、最近では簡単に取り入れられるような防犯グッズが多々販売されています。小さいものからでも一つずつ取り入れていく事によって、家のセキュリティーレベルが高まります。また、目に見えるような防犯グッズを設置しているという事であっても、抑止力として効果があるとも考えられますので、まずはどういったものを利用するのかを考えていきましょう。値段、そして自宅に合ったものを選択するためにも、適した防犯グッズがどのようなものがるのかの知識を得ることからスタートしましょう。

家の外でまずはガード

家に入ってくる前に、抑止力として高い効果があるのが、防犯砂利と呼ばれるものです。防犯砂利は、まさにみためは、普通の庭にあるような砂利なのですが、靴で踏んでみるとすぐにその違いを理解することが出来ます。とにかく、踏んだ時に発生する音が大きいのが特徴です。気を付けて静かに踏んでみても、音をさせないというのは本当に難しいです。庭全体的に敷き詰めるものというよりは、あまり目が行き届かないような裏口周辺であったり、隣家との隙間など、人が普段は入らないような場所に防犯砂利を設置することがあるようです。その理由としては、あまり人目につかないようなところで音がした場合には、不審者がそこに来ているという事がすぐにわかるからです。防犯砂利は、抑止力としてとても役に立つので、セキュリティーの向上に一役買ってくれるのではないでしょうか。

鍵と家

石から始めるセキュリティ

身近で手頃にできる防犯対策として、「防犯砂利」が挙げられる。大きな音を出して、住居などの侵入者を撃退するという効果がある。最大限にその効果を持続させるには、除草をしっかりと行うことが大切だ。音が小さくなったり、視界に入らなかったりと、防犯対策が意味を持たないものになってしまうからだ。

一軒家

防犯用の砂利を活用する

防犯用品である玉砂利の特徴は、カメラのように電気を使わず、設置すればずっとそのまま効果を発揮するコストパフォーマンスのよさです。玉砂利を設置する目的は犯罪を防ぐ防犯であり、犯人を捕まえたりといった成果は得られないという点に注意して使いましょう。